Shield 亀の尾 純米大吟醸 720ml

評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
(1件)
価格 2,035(税込)

3本以上で送料半額!6本以上または11,000円以上で送料無料!

数量 

※ラッピングをご希望の方は、 こちらより箱を選択し、
カートに追加し注文してください。

※箱付きの商品はラッピング無料です

歴史の轍 を辿る酒
今ここに復活 "幻の酒米"

歴史ある酒米で醸す人気shieldシリーズ

「亀の尾(かめのお)」は、1893年(明治26年)に現在の庄内町の篤農家阿部亀治によって発見された“幻の酒米”と称される品種。

蔵元家の家紋である「源氏車」と「盾(シールド)」を融合したロゴマークは、受け継がれてきたものを守り続ける意思を表しています。

味わい特徴

吸水性が高く非常にリッチな味わいを生み出します。気品のある香りは食中酒に相応しく、甘酸の均整に優れた芯のあるお酒に仕上がっております。

商品情報

商品情報

原料米
亀の尾100%
精米歩合
50%
使用酵母
山形KA
アルコール度数
15度
日本酒度
-2
酸度
1.5
アミノ酸度
1.0
内容量
720ml

味わいマップ

香り
穏やか
華やか
甘辛
甘口
辛口
濃淡
芳醇
淡麗
酸味
酸低
酸高

おすすめの温度

  • 冷酒
  • 常温

ストーリー

先人たちの想いを
現代に蘇らせた至極の一本

米としてのレベルが非常に高い

明治初期には雄町と並んで日本を代表する酒米だった亀の尾。

飯米として非常に優秀で、東北の人気銘柄「ひとめぼれ」「あきたこまち」「つや姫」、そして今や世界中の日本食ファンに支持されている「コシヒカリ」も、亀の尾が無ければ生まれていない、まさに日本食の祖と言える存在です。

地元の希少種を日本酒として残す

非常に旨いが倒伏性が高く収量も少ない、品種改良が盛んに行われ消えていった地元の希少種を、日本酒という形で伝承したい。

「純米大吟醸 shield 亀の尾」は、先人たちによる長い歴史と貴重な産物を守り続けたいという意思により誕生した日本酒です。

ペアリング

濃くて甘い料理
との相性◎

芳醇な甘さ、あと残りしないしなやかな酸味の日本酒には、
お酒の甘みに負けない濃厚な料理が特にお勧め。
次点で逆にあっさりとした軽めのシンプルな料理がお勧めです。

落ち着いた上品な香りは料理の邪魔をしないため、和食/洋食共によく合います。

おすすめ料理

鶏のてり焼き、さんまのかば焼き

蔵人からのコメント

蔵人からのコメント

楯の川酒造がある山形県庄内は江戸時代から篤農家が多く、米の品種開発が盛んでした。
その中でも特に有名なのが亀の尾です。酒造好適米でないにもかかわらず、大粒であること、ふくよかな味の幅がでることから、近年使用する酒蔵が増えてきました。

米本来の味を実直に醸し出した、楯の川酒造の亀の尾をどうぞお楽しみください。

この商品についてのレビュー

レビューを書く
評価 
評価1
評価2
評価3
評価4
評価5
藤沢様2021/11/17

どちらかというと冷<燗が個人的には好みでした。ほっとする優しい味わいです。