【 予約商品 7月15日より順次出荷 】チャレンジボトル 2022  720ml ~若手蔵人が挑む新しい酒質~

価格 2,200(税込)

3本以上で送料半額!6本以上または11,000円以上で送料無料!

数量 

※ラッピングをご希望の方は、 こちらより箱を選択し、
カートに追加し注文してください。

※箱付き商品は無料でラッピングいたします。
 備考欄よりご希望をお知らせください。

こんな酒を作りたい!
若い蔵人の想いをカタチに

【 日本酒の魅力で縁を描く 】

若手蔵人の知識や技術を高める目的で始動した「チャレンジボトル」
商品企画からラベルデザイン、製造・出荷まで全ての工程に関わる大変な企画でしたが、酒造りに情熱を燃やす若い蔵人の挑戦がついにカタチになりました!

「甘さを追求したい」「苦手な人でもおいしく飲める味わいに」「芳醇で濃厚な純米大吟醸らしさも欲しい」

熱い思いで立候補した4名の蔵人が、これまでの経験や知識をベースに自由な発想と感性で手掛けた酒を、ぜひご賞味ください。

味わいと特徴

低アルコールの甘口酒ですが、原酒のまま瓶詰めしているため非常に芳醇で濃厚な旨みがあり、酸味も少なく雑味は一切感じられませんキンキンに冷やしてお召し上がりください。おいしいですよ!

詳細はTwitterで

若手チャレンジボトルの製造工程は、公式Twitterにアップされています。こちらでご確認ください。
https://twitter.com/i/events/1534682563012198400?s=20

商品情報

商品情報

原料米
雪女神100%
精米歩合
50%
使用酵母
蔵付酵母
日本酒度
-10
酸度
1.2
アミノ酸度
0.7
アルコール度数
13度
内容量
720ml

味わいマップ

香り
穏やか
華やか
甘辛
甘口
辛口
濃淡
芳醇
淡麗
酸味
酸低
酸高

おすすめの温度

  • 冷酒

ストーリー

これまに無い新しい挑戦
チャレンジボトルとは

酒造りの全ての工程に情熱を注ぐ

楯の川酒造では様々な業務の経験を積ませる目的でジョブローテーションを行っていますが、蔵人が商品企画から製造・出荷まで一貫して関わる機会はありませんでした。

「こんな酒が造ってみたい!」
チャレンジボトルは、そんな熱い思いをもった若い蔵人たちが自ら企画・プレゼンを行い、自由な発想で酒造りに向き合う新たな試みです。

今回は、4人の若手蔵人が「これまでのラインナップには無い新しい酒」にチャレンジしています。

こんなお酒にしたい!
蔵人の想いとコンセプト

日本酒の”縁”で”円”を描く

チャレンジボトルの話を聞いた時に浮かんだのは、飲み会で「日本酒はちょっと強くて飲めない」とか「味が辛くて苦手で…」と言っていた友人達でした。

今回のチャレンジボトルには、「上品な甘さを追求したい」「低アルコールで飲みやすいお酒にしたい」「原酒のまま濃厚で芳醇にしたい」というメンバーの想いを全て詰め込んでいます。

日本酒好きな蔵人が、普段日本酒を飲まなかったり苦手だなという人達と“一緒に”飲めるおいしいお酒に仕上がっています。

チャレンジボトル「3つのこだわり」

1:味わい

チャレンジボトルで目指したコンセプトは、「気軽に愉しんでいただける甘い酒」です。お酒の苦手な方にもおいしく飲んでいただけるよう低アルコールに押さえ、製造方法を工夫することで原酒のまま、味が薄まることも無くバランスよく仕上がっています。

2:チャレンジ

若い蔵人だけで商品企画から製造・出荷まで手掛けています。
楯の川酒造の長い歴史の中に無い新しい酒質を目指し、狙った味わいを達成するために製法から見直すなど、これまでに学んだ知識や経験だけではなく、新しい発想を取り入れています。

商品名の考案やラベル作りは完全に初めての経験で特に難しかったですが、プレゼン資料を作って提案し、周囲の方からアドバイスを受けてはメンバー内で話し合うことで一つ一つ解決していきました。

3:オリジナル性

自分たちだけでイチから酒造りができる。そう考えた時に一番したかったことは、オリジナルな酒にしたいという想いでした。今回、これまでのラインナップには無い新しい酒質を目指し、行ったことのない製法を取り入れていますが、更にもう一つとても重要なファクターがあります。

それは「蔵付酵母」です。
多くのお客様に蔵ならではのオリジナル性をしっかり落とし込んだ商品を飲んでいただきたいという考えから、チャレンジボトルを製造する際の酵母には蔵内で採取されて培養された「蔵付酵母」が採用されています。蔵付酵母と香り酵母の掛け合わせは、食事を下支えするというベーシックラインとは異なる、お酒だけで楽しんでいただける味わいになっています。

若き蔵人によるチャレンジ

メンバーのご紹介

製造部5年目宇垣 真人

入社してから「自分の手で酒を造りたい」「製造工程の全てをコントロールしてみたい」という目標があり、今回チャレンジボトルに参加出来てうれしく思いました。

これまでも一生懸命にお酒造りに向き合ってきましたが、ブランドに乗っからずに自分たちで作って自分たちの名前が載るお酒は、緊張感が凄かったです。

「甘口低アルコール」と聞くと、くどい甘さのお酒をイメージしてしまうかも知れませんが、このお酒は甘いだけでなく、雪女神特有の淡麗さも残って、老若男女問わず飲みやすいお酒に仕上がりました。

製造部3年目岡部 倭士

私は甘いものが好きで、日本酒も甘口が好みです。
しかし、これまで自分が飲みたいと思う甘さの日本酒に出会えずにいました。

今回のチャレンジボトルの味わい部分には「理想的な甘い日本酒を自らの手で造りたい」という私の強い想いが反映されています。
とても良い酒になりましたよ。個人的に通常ラインナップよりも好きな味に仕上がっています。

これまでに楯の川酒造が送り出してきた酒の中で一番甘い酒を造りたかったので、今回の酒質には満足しています。

製造部3年目遠田 泰広

普段日本酒を飲まない、苦手だなという人達と“一緒に”飲みたい。チャレンジボトルのコンセプト部分には自分の想いが色濃く反映されています。これ、自分が作った酒なんだよと語りながら、色々な人においしく飲んでいただけるお酒に仕上がっています。

他の酒蔵の低アルコール酒を試飲すると、中には味が薄くなってしまっているものもあって心配していたのですが、出来上がりを利き酒すると味がしっかりしていて、甘くて濃い予想以上の出来栄えでした。

普段は自分が関わっていない工程も多くかなり大変さを感じましたが、この経験は今後に活きると思います。

製造部2年目岩井 美貴

チャレンジボトルの企画を聞く前からずっと、自分で考えた酒質をお酒にしてみたいという思いがありました。

製造工程は集中の連続で、ともすると目の前の業務に没頭してしまうことがあります。今回のチャレンジを通して、酒造りに真摯に向き合うだけではなく、いつも以上に酒に愛着を感じました。

製造部が定期的に行っている利き酒の時の顔もいつもとは違う様に感じましたし、商品が出来上がる頃には製造部のメンバーが「どうだどうだ」と集まるようになっていて、みんなが自分たちの酒造りに興味津々な様子が嬉しかったです。

この商品についてのレビュー

レビューを書く

レビュー投稿はありません